So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

終電の神様 [Book Review]

カバーに描かれているロングスカートの女性。淡いタッチで描かれている絵を見て、当初、この本を買おうか迷ってしまった。

著者は男性なのだが、女性向けの小説にも見える。書店に設置されている手書きのタグカードは、イチオシだという。どんな内容なのだろうか、と興味を持ってしまい、その本を手にとってレジに向かった次第。

7つの短編によるオムニバスな小説。ジワジワっと心に来るエピソードあり、心苦しめられる場面あり。カバーの女性は誰か、読み進めていくと分かっていく。

タイトル:終電の神様
著者:阿川大樹
出版社:実業之日本社
私の評価(5段階):★★★★
nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。